サッカーアジア代表ユニフォーム下編

今日は、サッカーアジア代表ユニフォーム下編です。

まず、2018ロシアワールドカップ出場権を取得したサッカーイラン代表ユニフォームを紹介します。

Iran 2018 adidas Home

2017年9月ワールドカップアジア予選シリア戦から初めて着用となっている。ユニフォームはホワイトをベースに襟周りはレッドが配色され、白を基調に赤と緑の配色はイラン国旗の色のデザイン。肩にはアディダスの3本線が入っている。

Iran 2017 adidas Home

アジアW杯最終予選初戦着用ユニフォームです。イラン代表伝統な白をベースカラーに、腰周りには大きなペルシャヒョウ(イランヒョウ)の透かしプリント入り。とてもインパクトが強いデザイン。

次はサッカー中国代表ユニフォームです。

中国代表は2018W杯出場権がないですので、ここは2018シーズンユニフォームを紹介します。

China 2018 Nike Home

中国代表2018シーズンユニフォームのデザインポイントは「龍の鱗」です。中国人愛された中国レッドをベースカラーに、袖部分には黄色を使用し、番号内には龍の鱗パターンが描かれている。

China 2017 Nike Home

ロシアワールドカップ・アジア最終予選戦に着用ユニフォームです。ホームは赤基調で上部に竜の鱗を思わずグラフィックをプリント。襟回りには黄いラインがトリムしている。

パレスチナ代表とサウジアラビア代表のユニフォームデータは少ないので、ここで記入しないとなります。アジア代表ユニフォームは興味深い方は、下記のポタンをリンクしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です