サッカーアジア代表ユニフォーム上編

次はサッカーアジア代表ユニフォームをまとめみますが、主に世界Aマッチ大会に着用ユニフォームを紹介します。

まず、アジア地域でFIFA出場最多の国サッカー韓国代表ユニフォームです。

サッカー韓国代表はアジア地域のサッカー強豪チームで、世界マッチの中で成績とパフォーマンスもとても良い。

Korea 2018 Nike Home

2018ロシアワールドカップ着用ユニフォームです。デザインは2013年ユニフォームモデルインスパイアされたものです。国旗カラーと国旗ブラフッィックがデザインに入り。チームエンブレムのベースカラーは元のブルーからブラックに変更された。

Korea 2016 Nike Home

ロシアワールドカップ2回予選戦着用ユニフォームです。正面まわりにはシェードのシルエットが入り、遠いところには無地に見えるようなシンプルなデザイン。

アジア最強センター・フォワードを名高いサッカー日本代表は、今度ロシアワールドカップ大会出場権も取得した。

Japan 2018 adidas Home

2018日本 代表 ユニフォームのデザインコンセプトは「勝ち色」です。藍染というjapan blueの原点に立ち返り、ワールドカップへの勝利を憧れている。2018年は日本代表ワールドカップ初出場から20年を迎えた節目の年ですが、ユニフォーム特徴としての「刺し子柄」は全身に満ちている。

Japan 2016 adidas Home

2016年ロシアワールドカップ予選戦着用ユニフォームです。日本代表歴史上、最も濃い”ブルー”を用いたユニフォームの前面に、11人の選手の個性を表す。そして、中央赤のラインは12本目のライン、すなわち12人目のプレーヤーであるサポーターを表している。

最後はサッカーオーストラリア代表ユニフォームです。

Australia 2018 Nike Home

2018年ロシアワールドカップに着用ユニフォームです。デザインコンセプトは2005年11月に行われたドイツW杯予選・大陸間プレーオフ第2戦のスタジアムで見た光景「金の海」です。

Australia 2016 Nike Home

ロシアワールドカップ予選戦着用ユニフォームです。黄色基調で、Vネックで襟と袖からサイドをラインで飾れている。正面には斜線のグラフィックがプリントされている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です